【RSR(ライジングサンロックフェスティバル)2019】準備で成功したこと失敗したこと

写真:RSR2019の夜明け

夏より秋が好き。

でも、夏フェスは好きなTake4(@takeshi335)です。

2019年もライジングサンロックフェスティバル(以下RSR)に参加してきました。

自分は2003〜2016年、2018〜2019年と今年で16年目の参加

これだけ長く参加していると、さすがに持ち物忘れや事前のリサーチ不足は減ってきます。

でも、それでもいくつか「ミスったな…」と思ったことも。

そこで、来年に向けて、準備で成功したこと、失敗したことを備忘録も兼ねて残したいと思います。

ちなみに、2019年の自分は下記のような参加者です。

  • 会場への行き来は麻生駅と会場間のシャトルバス。
  • テントは張らずに、最小限の荷物。
  • 飲食物は現地で購入。

RSR2019:準備で成功したこと

写真:成功

まずは「これはよかった!」と思った点から。

早めに家を出発

2019年のRSRは台風の影響で、初日が中止になりました。

そのため、2日目のみの開催に。

そこで、下記のように考えました。

初日からの現地泊まり組がいない分、シャトルバスに並ぶ人も増えるのでは?」

予想は的中し、早めに家を出発して正解でした。

例年にないほどの混み具合で、麻生駅のバス乗り場から駅構内の反対側まで、ざっと500メートルほどの長蛇の列

ちなみに、朝の9:00くらいから並んで、バスに乗れたのが9:30過ぎだったので、30分ほどの待ち時間ですね。

その後、10:30くらいに会場に到着したので、だいぶ余裕を持って会場を回ることができました。

ちなみに、下記のような予想も。

初日にチケットをリストバンドに交換できていないので、受付も混み合うのでは?」

しかし、こちらはまったく心配不要で、すぐに交換できました。

足りないと感じた持ち物がほぼなかった

RSRに来ると、毎年何かしら「あれ持ってくればよかった…」と思うものが1つや2つあります。

しかし、今年はほぼありませんでした。

自分の持ち物で特に役に立ったものは以下の通り。

  • 飲料水(ミネラルウォーターか、適度に塩分の入った飲み物がオススメ)
  • ウェットティッシュ(食事の前後に重宝します)
  • タオル(汗を拭くのはもちろん、手を洗った後にも)
  • 敷物(遠くで座りながら観たいとき、仮眠をとりたいときに)
  • 夜用のアウター(マウンテンパーカーがオススメ)
  • 虫除け(夜にタイラクルーのキャンドルを見たいなら必須)

ちなみに、2019年は初日こそ台風で中止になりましたが、2日目は台風一過の快晴。

レインコートなどの雨具も一応持っていきましたが、今回はまったく出番がありませんでした。

あと、携帯を充電するバッテリーも持っていきましたが、これも不要でした。

今は携帯のケーブルとアダプターを持参すれば、会場の充電コーナーで充電できますからね。

RSR2019:準備で失敗したこと

写真:失敗

次に「これはミスったかな…」と思った点です。

長靴が暑かった

前日の天気から、スニーカーではなく長靴を選びましたが、結果的に失敗でした。

もう、とにかく「暑い!」の一言…。

いくら2日目が快晴とは言え、前日にかなり雨が降っていたので、会場の足場はドロドロで水たまりだらけだと思ったわけですね。

これは、過去に参加したときに「田んぼ」と呼ばれるほど酷い足場状態を経験したことも影響しています。

ちなみに、出発前にTwitterのハッシュタグ「#rsr19」「#rsr2019」で既に会場入りしている人からのツイートもチェックしました。

いわゆる、「タグる」というやつですね。

そして、タグった結果、「絶対に長靴で来い」という意見と「足場を選べばスニーカーでも大丈夫」という意見に割れていました。

かなり迷いましたが、過去の苦い経験から長靴を選ぶことに…。

結果的に自分は選択ミスになりましたが、タグるのはいろいろな情報を知れるので、オススメですよ。

そして、長靴は暑かったですが、自分の長靴はクッション性に優れているので、歩き回っても足が疲れなかったというメリットはありました。笑

ちなみに、長靴を買い換えるなら、会場でも履いている人が多かったこれにしてみようと検討中。

日焼け対策が甘かった

RSR2019最大の失敗と言っても過言ではありません。

もちろん、顔や腕は日焼け止めでしっかり対策しています。

しかし、首と背中の境目あたりが、ピンポイントでガッツリと焼けていました。

自分はストールを巻いていたので、首周りは大丈夫だろうと手薄になっていたんですね。

実際、過去に参加したRSRでは、ほぼ問題なかったし。

しかし、今回はTシャツとストールの間に微妙な隙間ができていたようで、完全に盲点でした。

また、2019年の2日目日中は、かなり日差しが強かったせいもあるかと。

来年以降は、首周りもしっかりケアを忘れずに…。

ちなみに、自分が使っている日焼け止めは、敏感肌の人も安心して使えます。

RSR2019:準備で成功したこと失敗したことのまとめ

写真:RSR2019の様子

  • RSR2019は2日目のみの開催だったため、シャトルバスの列が混雑。出発を早めて正解
  • 必要な持ち物はぬかりなく、かつ最小限に。
  • Twitterで会場や参加者の様子をタグるのは効果的なリサーチ方法。でも、最後に選ぶのは自分。
  • 日焼け対策は首周りもまんべんなく。

2019年のRSRは、台風の影響で初日が中止になってしまいましたが、2日目だけでも無事開催されて何よりでした。

来年以降の参考になれば幸いです。

Top